漢方薬の専門店 e-和漢堂 > 妊娠の秘訣16か条 > 妊娠しやすい人とは
妊娠の秘訣16か条

5 妊娠しやすい人とは

妊娠する準備ができている身体はどんな状態なのでしょうか。

自分の身体は果たしてどうなのか、それを知るには、生理の状態を見ることがひとつの目安となります。

理想的な生理の形というのはありますが、理想通りにならないと妊娠しないという訳ではなく、基礎体温なども理想形にならないまま妊娠する人も沢山いますので、どうかプレッシャーに感じないで下さい。

理想的な生理と自分の生理を比べることで、自分の身体の弱点を知り、自分にあった養生をすることが大切なのです。

 

《 理想の生理 》

■ 周期は28日前後。
27日とか30日という人は理想の範囲内です。毎月ほぼ同じ周期で来るのも重要ポイントです。

 

■ 出血の日数は5~7日、
だらだら続くのや、2~3日で終わるのは改善の余地があります。

 

■ 血液の色は、鮮やかな赤
黒っぽかったり、粘ったり、固まったり、あるいは赤みが足りずにピンクっぽいなどがあれば、血の状態がよくないサインです。

 

■ 量は少なすぎてもよくありませんが、一番多いときで、昼間は多い日用のナプキンで2~3時間持つ程度。夜は夜用ナプキンで一晩持つ程度。

 

■ 月経前症候群はない
ホルモンの影響だから仕方がないと思っていませんか?あってもほとんど気にならない程度が理想の状態です。

 

■ 生理痛はない
あっても、ほとんど気にならない程度が理想です。

 

■ 高温期が12日から14日間続き、途中で体温がさがったりせずに安定している。

 

■ 高温期と低温期の体温差は0.3~0.5度

 

■ 低温期から高温期へは3日以内で移行しダラダラと上がらない。

 

どうでしょうか。生理痛が全くない人がいるなんて信じられないとか、生理痛がないのは無排卵だからなどと思っている人もいるようですが、生理痛はないのが普通です。
生理の様子などは人と比較する機会も少ないので、自分を基準にしてしまいがちですが、漢方薬を飲み徐々に理想の姿に近づいてきて初めて、自分が不調だったことに気付く人も多いようです。