漢方薬の専門店 e-和漢堂 > 妊娠体質になるレシピ > お血(けつ)タイプ > はっさくのマーマレード
お血(けつ)タイプ

はっさくのマーマレード

【八朔の話】

「八朔」とは八月一日のことで、旧暦の八朔(現在の九月一日)頃から食べられるというのが名の由来。

昔はいっせいに収穫せず、木にならせたまま、三月頃まで少しずつ食べていたようです。
秋口から初夏にかけて不足しがちなビタミン補給に大切な役目を果たしていたのでしょう。

一番美味しくなるのが越冬成熟した二月〜三月頃で今まさに旬。
適当な酸味が強い甘みを際立たせ、春先の味覚が楽しめます。

「みかんが黄色くなると医者が青くなる」といわれるほど、栄養価の高いみかん類。
疲労回復効果の高いクエン酸やリンゴ酸などの有機酸を多量に含み、豊富なミネラル、ビタミン、有機酸の相乗効果で風邪予防にも効果的。

また、八朔のほのかな苦味成分は、ビタミンPの一種で、高血圧に効果があるといわれます。

皮は果実より多く有効成分を含んでいます。
皮を陰干しにしたものを陳皮(ちんぴ)とよび、漢方薬でも生薬として利用しています。
これは芳香健胃や整腸剤としての効果がある他、煎じて、咳止め、痰きりに用います。

また皮は、発ガン抑制作用のあるオーラプテンという成分を多く含み、これは果肉には含まれません。
そこで今回は、実も皮も使ったマーマレードのレシピをご紹介します。

ジャムにすると出てくるとろみはペクチンの作用です。
ペクチンは食物繊維の一種で、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑える働きがあるため、便秘を解消し、大腸がんの予防にもつながります。
ペクチンの作用は熱を加えると数倍になるといいます。

材料(4人分)

はっさくの皮   3個分
はっさくの実   2個分
砂糖       500g 
(グラニュー糖や三温糖でも可)

作り方

1)はっさくの皮をむき内側の白い部分をざっと取り、薄切りにした後細切りにする。鍋に水をたっぷりはってつけておく。
2)鍋を火にかけ煮立ったら湯を捨て、さっと水洗いする。この作業を2〜3回繰り返し、最後に水洗いをしたらきつく絞る。
3)はっさくの実2個分をほぐし、絞った皮と一緒に手ごろな鍋に入れ上から砂糖を入れ、2時間ほどおく。
4)その後弱火で30分位焦げ付かないように注意して煮たら出来上がり!

【ひとこと】

※もちろん保存料を使ってませんので冷蔵庫に保管しても2週間程度で使い切るようにしてください。
※砂糖は、はっさく正味重量の60%が目安です。

今日の薬効食材

はっさく—–健胃整腸・疲労回復・解熱・風邪予防利尿・美肌など