漢方薬の専門店 e-和漢堂 > 妊娠の秘訣16か条 > 妊娠体質になる方法「血虚タイプ」
妊娠の秘訣16か条

12-(2) 妊娠体質になる方法「血虚タイプ」

体質チェックがまだの人はこちらへ→11. あなたの不妊の原因

 

■ 血虚タイプの養生 「睡眠時間をしっかりとりましょう」

 

血虚とは身体の隅々まで栄養を運ぶ血が足りず、栄養が行き渡っていない状態です。

肥料の足りない植物の葉が端のほうから黄色く枯れていくのを思い浮かべてください。

血虚タイプにはこれと同じようなことが起こりやすくなり末端から弱くなってきます。

 

例えば髪の毛がバサバサして枝毛になりやすい、爪がもろく割れやすい、小じわが目立つなど。

不妊に関していうと、子宮内膜が薄い、硬い。卵が小さい。

排卵誘発剤を使っても卵が数個しかとれないといった傾向があるのも血虚タイプです。

 

そんな血虚タイプがまず心がけるのは血の消耗を防ぐこと、そして血を補うことです。

 

もともと血がたりないので、生理は遅れがち、あるいは無月経であったり、血液量が少ない、血液が薄いので色がピンクがかっている、日数が短く2~3日で生理が終わってしまう、また、もともと少ない血をさらに失ってしまう月経の終わりごろから、腰やお腹が痛くなるなどの特徴があります。

 

一般的な生理の血液量はどのくらいなのか、他の人と比較する機会はあまりないのでわかりにくいと思いますが、多い日に関して言うと、日中は多い日用のナプキンで2~3時間もつくらい、夜は夜用ナプキンで一晩持つくらいというのが目安です。

多い日用、夜用を使わずに済んでしまうときは月経血が少なすぎるかもしれません。

 

生理開始から生理後にかけての7~10日間は養生にとくに気を配りましょう。

まずはしっかり睡眠時間をとること。10時、遅くても11時には布団に入り、床に就いたら本やテレビを見ておらずに、8~9時間しっかり眠ることです。

血を作ったり、大切なホルモンが分泌されるのは夜10時頃からです。

12時過ぎてから10時間睡眠時間をとっても効果が薄いのです。

 

そして、血を補う食べ物をとりましょう。

おすすめはクコの実、ナツメ、プルーン、レーズン、ブルーベリー、いちじくなどのドライフルーツ、そして、胡桃、松の実、ピーナツ、アーモンドなどのナッツ類を毎日少しずつ、サプリメントをとるようなつもりで食べることです。

手軽で続けやすいですよね。

" "